野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島バティスタ、プロ初打席初スイングで逆転2ラン 支配下→昇格で即結果

広島のサビエル・バティスタ内野手が3日のロッテ戦でプロ初打席初本塁打という鮮烈なデビューを飾った。

バックスクリーン横に値千金逆転弾、鮮烈デビューに緒方監督も驚きの表情

 広島のサビエル・バティスタ内野手が3日のロッテ戦でプロ初打席初本塁打という鮮烈なデビューを飾った。

 バティスタは1点を追う6回無死二塁の場面で一岡の代打で登場。マツダスタジアムが大きな拍手に包まれる中で打席に入ると、2ボール1ストライクから左腕・松永の148キロの直球を初スイングで完璧に捉えた。打球はバックスクリーン右に飛び込む値千金の逆転2ランに。代打に送ったベンチの緒方監督も驚きを隠せなかった。

 ドミニカ共和国出身の来日2年目の25歳は今季も育成契約でスタートを切り、ウエスタン・リーグで打率(.363)、本塁打(14本)、打点(38打点)といずれもトップの好成績。2日に支配下登録を勝ち取り、この日、1軍に昇格したばかりだった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中