野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑、広島打線相手に8安打5失点の炎上「力負けした感じです」

日本ハムの斎藤佑樹投手が7日の本拠地・広島戦で今季2勝目を狙ったが、4回途中で降板して白星はならなかった。

日本ハム

バティスタには特大逆転2ランを被弾、「調子自体は悪くはなかったのですが…」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が7日の本拠地・広島戦で今季2勝目を狙ったが、4回途中で降板して白星はならなかった。
 
 斎藤佑は初回、2死から丸を歩かせるも、鈴木は空振り三振。早くもガッツポーズを繰り出すと、その裏にはレアードが先制打。斎藤佑を援護した。

 しかし、斎藤佑は直後の2回、バティスタに左翼席上段への特大逆転2ランを被弾。3回には1死一、二塁から鈴木にセンターへのタイムリーを許して3失点目。先頭打者の田中がヒットの後に盗塁死していたため、4連打で追加点を奪われた。

 日本ハムは3回に再びレアードがタイムリーを放ち、1点差とするも、斎藤佑は4回は松山にセンター前ヒット、バティスタにはフェンス直撃の二塁打を浴びて無死ニ、三塁に。ここで無念の降板となった。2番手エスコバーが連打を許して走者を返し、斎藤佑の失点は「5」に。3回0/3を8安打5失点と炎上し、2勝目はならなかった。

 降板後には「先発投手としての使命を果たすことができなくて、チームに申し訳ないです。調子自体は悪くはなかったのですが、力負けした感じです」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング