野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太「壮大な実験」で初セーブ 名投手も絶賛「我々が愛したマエダ」

前田健太「壮大な実験」で初セーブ 名投手も絶賛「我々が愛したマエダ」

ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で6回から2番手で登板し、日米通じて初セーブを挙げた。救援登板はプロ入り2度目、広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶりとなったが、4回3安打1失点6奪三振の快投。ドジャースの7-2での勝利に貢献した。地元メディアが「壮大な実験」と表現した救援起用で結果を残した日本人右腕について、ドジャースのレジェンドは「我々が愛していたマエダ」と絶賛している。

プロキャリア2度目の救援登板、3イニング目まで1人の走者も出さない完璧投球

 ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で6回から2番手で登板し、日米通じて初セーブを挙げた。救援登板はプロ入り2度目、広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶりとなったが、4回3安打1失点6奪三振の快投。ドジャースの7-2での勝利に貢献した。地元メディアが「壮大な実験」と表現した救援起用で結果を残した日本人右腕について、ドジャースのレジェンドは「我々が愛していたマエダ」と絶賛している。

 前田は5点リードの6回からマウンドに上がった。ここで、ロサンゼルスで試合を中継していた「スペクトラム・スポーツネットLA」の実況は「ケンタ・マエダは今リリーフです。2008年、広島でのプロ(デビュー)初年度以来ブルペンからの登板が初です。そして今、壮大な実験が幕を開けます」と言及。日本人右腕はこの「実験」が成功であることを証明していった。

 8回までの3イニングをパーフェクトに抑える快投。9回先頭のボットに初ヒットとなるソロ本塁打を浴び、2死後に2安打を許したものの、最後はバーンハートを左飛に仕留めて日米通じて初のセーブをマークした。直球は94マイル(約151キロ)を計時し、スライダーの切れ味は抜群。最終回だけもたついたものの、8回まではまさに圧巻の投球だった。

人気記事ランキング