野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」吹奏楽で培った根性と礼儀、売り子2年目色白美女

球場の新たなエンターテインメントになっている「売り子」。美女どころといわれる福岡で働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介する人気企画「福岡発 売り子名鑑」の第18回をお届けする。

20170611_hawks1

目印はピンクのシュシュとリボンのバッチ

 球場の新たなエンターテインメントになっている「売り子」。美女どころといわれる福岡で働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介する人気企画「福岡発 売り子名鑑」の第18回をお届けする。

 今回は、キリンビールの「あい」さん、だ。

 福岡県内の大学に通う「あい」さんは、売り子になって2年目。大学ではマーケティングなどを学ぶ、小柄で色白な肌が印象的な美女だ。

「母がホークスをずっと好きで、小さい時に両親にドームに連れて来てもらっていました」という彼女。野球の行われているグラウンドよりも、売り子に視線を奪われ「キラキラしているな、可愛いな」と感じ「大学生になったら、やってみたいな」と憧れを抱いていたという。

 高校を卒業し、春休みになると、大学入学を待たずに売り子の世界に入った。「なってみたら、想像とは違いましたね」。華やかなイメージを抱いてはじめてみたものの、実際にやってみると、大きなギャップがあったという。

「仕事の難しさもありますし、見ているだけだとキツさは分からないんですが、体力もいりますし。お客様と接することが苦手だと出来ないと思いますし、簡単じゃなかったですね」。約15キロのタンクを背負う仕事は体力的にも大変で、周囲を見渡す視野の広さ、コミュニケーション能力など、多くのものが求められる。「2年目になっても、まだ大変だなと思います」という。

人気記事ランキング