野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

Gエース菅野、貫禄の3安打完投でセトップタイ7勝目! 巨人は交流戦2勝目

巨人が連敗を2で止めた。13日のソフトバンク戦(東京D)。3、4回に1点ずつ奪って2点を先行すると、エース菅野が、交流戦12球団トップのチーム打率を誇るソフトバンク打線をわずか3安打に封じる好投。3連戦の初戦を勝利で飾った。

巨人東京ドーム

ホークス強力打線を3安打に封じる、巨人は連敗2でストップ

 巨人が連敗を2で止めた。13日のソフトバンク戦(東京D)。3、4回に1点ずつ奪って2点を先行すると、エース菅野が、交流戦12球団トップのチーム打率を誇るソフトバンク打線をわずか3安打に封じる好投。3連戦の初戦を勝利で飾った。

 これぞ、エースという堂々たる投球だった。初回2死から中村晃に中前安打を許したが、4番に入った柳田を見逃し三振に。2回から8回2死まで1人の走者も許さない圧巻の投球内容で、ホークス打線を抑え込んだ。

 打線は3回2死から山本、3試合ぶりにスタメンに復帰した坂本の連続二塁打で1点を先制。4回には左中間を破る二塁打で出塁した長野を置き、小林が中前へ弾き返す適時打を放って1点を追加した。

 7回には菅野自ら左前安打で出塁すると、陽岱鋼が右前安打で続き、坂本が東浜の低めの変化球に食らいついて三遊間を破る、この日2本目の適時打。さらに相手バッテリーのミス、マギーの右中間を破る適時二塁打が出て、この回3点を加えた。

 右腕は8回2死から長谷川に今季1号のソロを許し、今季4度目の完封こそ逃したが、完投勝利でリーグトップタイの7勝目をマークした。逃げ切った巨人は交流戦2勝目を挙げた。

 右太もも裏肉離れでデスパイネが離脱し、この日は4番に柳田を起用したソフトバンクだが、その打線が菅野の前に沈黙。先発の東浜は6回まで2失点にまとめていたが、打線の援護がなし。7回につかまり、7回途中10安打5失点で降板。自身6連勝中だったが、4月9日の西武戦(メットライフ)以来となる黒星で2敗目を喫し、チームも交流戦で初めてカード初戦を落とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング