野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

伊東監督が明かす「死ぬ気」の直訴 ロッテ石川が待ちに待った初白星

6連敗中だった昨年の防御率1位投手ロッテ石川が待望の今季初勝利を挙げた。

20170404_ishikawa

遅すぎる初白星“謝罪”「クソみたいな投球で迷惑かけた」

 6連敗中だった昨年の防御率1位投手ロッテ石川が待望の今季初勝利を挙げた。

 13日のDeNA戦で、52日ぶりに先発復帰した開幕投手の石田と投げ合い、雨でマウンドがぬかるむ中で、7回114球で9三振を奪い、7回倉本の右中間適時二塁打の1点に抑えた。

「今までクソみたいなピッチングをして、本当に迷惑をかけてすいません。打ってくれた野手に感謝したい」と6回までに大量6点リードのバックに感謝した。初回、角中の先制タイムリーで早々の援護。6回には打者一巡で5点を奪ってくれた。その熱い気持ちに気迫で応えた。

 中盤の5回からはストレート中心にパワーピッチ。倉本、桑原、荒波を3者連続三振。6回1死で筒香には「状態はよくなさそうで、変化球に合うんじゃないか」(石川)と、この日MAXの148キロ内角速球で見逃し三振に切って取った。

人気記事ランキング