野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 日本で成功目指す助っ人たち “登竜門”となりつつある場とは 

日本で成功目指す助っ人たち “登竜門”となりつつある場とは 

日本の独立リーグにとって、外国人選手をNPBに輩出するのは重要なビジネスモデルとなっている。移籍に伴って移籍金が支払われるし、NPBへのステップアップを期待して海外から有力な選手が入団するからだ。 

楽天に入団が決まったコラレス、NPBで成功つかめるか

 楽天は12日、独立リーグBCリーグ富山GRNサンダーバーズのジョシュ・コラレスの獲得を発表した。 

 コラレスは2011年ドラフトでシアトル・マリナーズに入団。44巡目、全体1323番目という下位指名でもありAAまでしか昇格できなかったが、その後来日し、三菱日立パワーシステムズ横浜野球部を経て2016年から富山でプレー。1年目は4勝4敗3セーブ、防御率3.23だったが、2年目の今年、8試合に登板してリーグ最多タイの6勝を挙げ、防御率も1.06と抜群の成績だった。首位を走る楽天だが、右の本格派投手として、先発、中継ぎでの活躍が期待されている。 

 日本の独立リーグにとって、外国人選手をNPBに輩出するのは重要なビジネスモデルとなっている。移籍に伴って移籍金が支払われるし、NPBへのステップアップを期待して海外から有力な選手が入団するからだ。 

 2016年オフには、BCリーグ石川からDeNAにアウディ・シリアコ(内野手)が入団。2015年には同じく石川からネルソン・ペレス(外野手)が阪神に入団している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中