野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人山口俊、移籍初登板で初勝利の権利持ち降板 6回ノーヒットのまま降板

DeNAから巨人にFA移籍した山口俊投手が14日、本拠地でのソフトバンク戦で移籍初登板初先発。6回無失点、ノーヒットのまま移籍後初勝利の権利を持って降板した。

巨人東京ドーム

DeNAからFA移籍後初登板、巨人は6回に坂本が先制2ラン

 DeNAから巨人にFA移籍した山口俊投手が14日、本拠地でのソフトバンク戦で移籍初登板初先発。6回無失点、ノーヒットのまま移籍後初勝利の権利を持って降板した。

 山口俊は初回、川崎を空振り三振、今宮を中飛、中村晃は空振り三振と好スタート。2回は先頭柳田に四球。しかし、松田は空振り三振に仕留めると、柳田は盗塁死。上林は空振り三振と結果的に3人で攻撃を終わらせた。

 3回は長谷川勇を空振り三振、甲斐は右飛、石川は空振り三振と再び3者凡退。4回は川崎を空振り三振、今宮を一ゴロの後、中村晃は四球もまたしても盗塁死。5回は柳田を中飛、松田を左飛、上林をニゴロに打ち取った。

 ノーヒット投球を続ける山口俊は6回、先頭・長谷川勇にストレートの四球を与える。甲斐はバントで1死二塁。石川は空振り三振に打ち取ったが、ボークと四球で一、三塁とされる。しかし、最後は今宮を二ゴロ。ノーヒットノーランを継続した。

 巨人打線は6回、坂本の2ランで先制。山口に貴重な援護をもたらす。山口は球数が102球に達していたため、ここで降板。移籍後初勝利の権利を持ち、ノーヒットのままマウンドを降りた。

【了】 

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング