野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天ドラ1藤平、黒星デビューも5回2失点 甲子園凱旋「自分の応援と思って」

楽天のドラフト1位ルーキー・藤平尚真投手が16日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板初先発。5回5安打2失点と力投したが、打線の援護がなく、初黒星を喫した。試合は1-4で3連敗を喫した。

20170616_fujihira2

横浜高時代沸かせた甲子園で堂々初登板「楽しく投げることができた」

 楽天のドラフト1位ルーキー・藤平尚真投手が16日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板初先発。5回5安打2失点と力投したが、打線の援護がなく、初黒星を喫した。試合は1-4で3連敗を喫した。

 高卒ルーキーでは12球団最速デビューとなった初先発マウンド。初回は先頭の糸原にいきなり中越え二塁打を浴びたが、北條、高山、福留を味方の好守もあって無失点で切り抜けた。

 しかし、2回1死から原口に投じた初球の137キロ直球を左翼席に運ばれ、プロ初被弾となる2ランを浴びた。3回は高山に右前打を浴び、走者を許したが、無失点で切り抜けた。

 4回は2死から連続四死球も無失点、5回も1死一塁から高山を併殺に打ち取り、ピンチも乗り越えた。

 打線は3回に三好のソロで1点を返し、1点差に迫った。6回の藤平の打席で代打・茂木を送ったが逆転できず、この時点で黄金ルーキーの勝ち星は消えた。

 横浜高時代に沸かせた甲子園で運命的な“凱旋”デビュー戦。「初回はすごく緊張しましたが、(初回が)終わってからは緊張も和らぎ、楽しく投げることができました。打たれても嶋さんのミットをめがけて、今できる最高のパフォーマンスをしようと思ってマウンドへ上がりました。空振りが思うように取れなくて、これからはストレート、変化球を自分の思うようにコントロールできれば楽になると思います。高校生の時と甲子園の雰囲気が違い、阪神ファンの応援が凄くて、それを自分の応援だと思って投げました」と振り返った。

 その後は8回に久保が2失点してリードを3点差に広げられた。打線も9回に1点を返したが、反撃及ばず3連敗。黄金ルーキーの初登板は黒星デビューとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング