野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ストライク判定誘った? ド軍捕手のカーブ“飛び跳ねキャッチ”が話題に

ストライク判定誘った? ド軍捕手のカーブ“飛び跳ねキャッチ”が話題に

ドジャースのヤズマニ・グランダル捕手が見せた“幻惑キャッチ”が米国で話題となっている。

カーブを飛び跳ねるようにキャッチ、「何とかストライク取ろうとした」!?

 ドジャースのヤズマニ・グランダル捕手が見せた“幻惑キャッチ”が米国で話題となっている。

 前田健太とチームメイトの28歳捕手は14日(日本時間15日)の敵地インディアンス戦で珍プレーを見せた。2-0でリードして迎えた6回の守備。1死一、三塁とピンチの場面で左腕デイトンがブラントリーに対して投じた72マイル(約116キロ)のカーブを、飛び跳ねるようにしてキャッチ。直後ストライクとコールされ、2ストライクと追い込んだ。最終的にブラントリーには犠飛を浴び、1点差に詰め寄られたが、このキャッチは米国で話題となった。

 グランダルの“飛び跳ね”キャッチは試合を中継した米メディアの実況からも驚嘆や苦笑いが漏れたほど。試合後、MLB動画サイト「Cut4」でも「ヤズマニ・グランダルはピョンと飛び跳ね、何とかしてストライクを取ろうとした」との見出しで特集し、「この試合で、おそらく彼はピッチ・フレーミングを非常に簡単なものだと感じ、自分自身に挑戦したくなったのだろう。彼はウサギのように飛び跳ね、ストライクを取ろうとした」とレポートした。

 フレーミングとはストライクゾーンギリギリのボールに対し、捕球する際のミットの動きや体勢などを工夫することでストライクとコールさせる技術のこと。「Cut4」ではグランダルがこのフレーミング能力でトップクラスに位置することを紹介し、「2015年、彼はこのカテゴリーでナンバー1だった」と伝えている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング