野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBドラ2古谷、150キロでファン魅了 「ずっと緊張」も堂々2軍デビュー

ソフトバンクのドラフト2位ルーキーの古谷優人投手が17日、巨人との2軍戦(タマスタ筑後)で2軍公式戦に初登板。1回を被安打1、無失点に抑えた。

20170527_furuya

高卒ドラ2左腕、巨人2軍戦1回0封も「ずっと緊張しっぱなしだった」

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキーの古谷優人投手が17日、巨人との2軍戦(タマスタ筑後)で2軍公式戦に初登板。1回を被安打1、無失点に抑えた。

 2-3で迎えた8回表にマウンドに上がると、初球からいきなり球速148キロをマークした。その後もストレートはすべて146キロ以上を記録し、MAXは150キロ。この日の内容は、左飛、空振り三振、左前安打、見逃し三振。奪った2つの三振の決め球は、いずれも切れ味抜群のスライダーだった。

「ずっと緊張しっぱなしだった」という高卒左腕は「ランナーが出るまでは自分のいいところを出せたが、ランナーが出てから上(半身)だけで投げてしまった」と、自分の投球を振り返った。

 入団時に「高校時代に急に球速が上がった」と話していた左腕は、そのスピードでタマスタ筑後のファンを魅了。今後はまた3軍での登板が中心となりそうだが、また楽しみな若鷹が頭角を現してきた。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング