野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治、“直球押し”快投振り返る「今回も140キロに届かない。なんで…」

上原浩治、“直球押し”快投振り返る「今回も140キロに届かない。なんで…」

カブスの上原浩治投手が、16日(日本時間17日)のパイレーツ戦で見せた圧巻の投球を振り返っている。

20170617_uehara2

17球中15球が直球で1回2奪三振、「こういう勝ち投手になるのは嬉しい」

 カブスの上原浩治投手が、16日(日本時間17日)のパイレーツ戦で見せた圧巻の投球を振り返っている。

 上原は同戦で1点ビハインドの8回に登板。先頭打者を味方の失策で出したものの、後続を完璧に抑えて1回無安打無失点2奪三振だった。直後の攻撃で味方打線が一挙6得点。攻撃陣の爆発を呼ぶ快投で9-5の勝利に導き、今季2勝目(3敗)を挙げていた。

 一夜明けてブログを更新した上原は「こういう勝ち投手になるのは嬉しい。同点に追いつかれ、味方が点を取ってからの勝ち投手は何にも嬉しくないけどね」と振り返った。

 投球結果を振り返りつつ、「いい感じでファストボールを投げれてる。今回もほとんどがファストボール (o^^o)」と綴った右腕。自身の速球に納得の様子だ。この試合では全17球中15球が直球。4球目からは14球連続直球で、失策で走者を出した後はすべて真っ直ぐで後続を断った。

人気記事ランキング