野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

交流戦最高勝率決定戦 両チーム先発投手が早々にKO、ソフトBが2点リード

勝ったほうが交流戦最高勝率に輝く最終決戦。18日、マツダスタジアムで行われた一戦は、ソフトバンク、広島両チームの先発が早々にKOされる波乱の出だしとなった。

広島中村祐は2回途中、ソフトB山田は3回途中で降板

 勝ったほうが交流戦最高勝率に輝く最終決戦。18日、マツダスタジアムで行われた一戦は、ソフトバンク、広島両チームの先発が早々にKOされる波乱の出だしとなった。

 先にマウンドを降りたのは、広島先発の中村祐。初回2死三塁で打ち取った松田のフライを遊撃・田中が、太陽の光が目に入ったのか落球(記録は内野安打)し、先制点を献上。2回には2つの四球からピンチを招くと、2本の適時打で3点を奪われた。結局1回2/3で5安打4失点でノックアウトされた。

 ソフトバンク先発の山田も、1点を先制した初回2死から一、二塁のピンチを招くと、エルドレッドに中前適時打を許して、同点に。2回にも西川に四球を与えると、田中に右前適時打を許して、1点を返された。3回先頭の丸を空振り三振に奪ったところで、工藤公康監督は岡本へスイッチ。2回1/3を投げて、3安打2四球で2点を失い、降板した。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング