野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

交流戦打率66人中65位、ヤクルト山田哲人に何が起こったのか?

交流戦は雨天延期になった1試合を残してほぼ終了した。6月18日時点でセ・リーグの個人打撃成績で日本人選手の最下位には、ヤクルトの山田哲人がいる。

“得意”の交流戦でも成績上がらず、不振にあえぐ山田

 交流戦は雨天延期になった1試合を残してほぼ終了した。6月18日時点でセ・リーグの個人打撃成績で日本人選手の最下位には、ヤクルトの山田哲人がいる。

 山田は交流戦を得意としている。そもそも2014年に打率.378(4本塁打15打点)で交流戦首位打者を取り、売り出したのだった。2015年は打率.309(5本塁打13打点)、2016年は打率.313、8本塁打21打点。いつもと違う相手と対戦しても、調子を落とすことなく数字を稼いできた。

 しかし今季は66打数9安打3本塁打9打点、打率.136。規定打席以上の66人中の65位と極端な不振だった。

 この結果、打率はビシエド(中日)の.117を上回っただけで、セ・リーグでワースト2位、日本人打者に限れば最下位となった。過去4年間、山田の交流戦終了時点での成績を比較してみよう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中