野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口引退、伊東監督は働きに感謝「勝負所では井口と決めていた」

現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンスタジアムで会見し、今季限りで現役引退することを表明。21年間の現役生活で日米2000安打を達成し、日本一&世界一に輝いた名選手がユニホームを脱ぐ。会見前に報告を受けた伊東監督は「あまりにも急で一瞬、『え?』と思った」と驚きを明かした。

20150905_ito

練習前に直接報告、5年間苦楽「頼りがいある選手、責任出してくれた」

 現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンスタジアムで会見し、今季限りで現役引退することを表明。21年間の現役生活で日米2000安打を達成し、日本一&世界一に輝いた名選手がユニホームを脱ぐ。会見前に報告を受けた伊東監督は「あまりにも急で一瞬、『え?』と思った」と驚きを明かした。

 練習が行われたこの日、井口は監督室を訪れ、引退を告げたという。指揮官は「球場に着いたら、話があるからと部屋に来た。いつ言おうかタイミングを見て、今しかないと思ったのだろう」と話し、「あまりにも急で一瞬、『え?』と思った」と驚いた。

 13年の監督就任以降、二塁から一塁にコンバートしたが、勝負強い打撃で貢献。今季もDHや代打で起用してきた。「バリバリの時と比較したら、あの年齢。動きも衰えてくるが、練習のひたむきさは、今も昔もかわらない。身体が強い。5年間一緒にやって、練習で手を抜くことがない」と振り返った。残りシーズンについても「ストイックに頑張っているし、最後までやってほしい」とエールを送った。

 ワールドシリーズ制覇も経験し、ロッテでは若い選手の手本となった。「勝負強く、三拍子そろった選手。アメリカでもそれなりに成績を残した。頼りがいのある選手で、大砲不在のなか、その責任を出してくれた。勝負所では井口と決めていた」とグラウンド内外での働きに感謝した。

 チームはリーグ最下位に低迷。「本人が一番悔しがっている。一つでも上にいけるようにしたいという話しは、引退のことは知らなかったが、(東京)ドームでもそんな話をした」と話した。井口の花道を飾るため、ここから巻き返すしかない。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中