野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

なぜ、このタイミングだったのか―ロッテ井口、優しさが滲み出た引退会見

球界最年長野手の優しさが滲み出た引退会見だった。ロッテ井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンで引退を表明。決意したのは昨年で、契約更改でもその意思を伝えていた。

今季限りでの引退を表明、「1日でも1試合でも多く見に来てもらいたい」

 球界最年長野手の優しさが滲み出た引退会見だった。ロッテ井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンで引退を表明。決意したのは昨年で、契約更改でもその意思を伝えていた。

 なぜ、このタイミングだったのか。井口は「ファンに、1日でも1試合でも多く見に来てもらいたいと、開幕前の発表も考えたが、その時は(オープン戦首位で)チームの状態もよく、いい流れを切ってしまうのではないか」と考えたという。また、シーズン終了近くの9月に発表しなかったのは、間際で見に来れないファンを思ってのことだった。

 この2、3年、ずっと引き際について考え、昨シーズン終了後に“今年1年限り”と決めたと言う。97年のドラフト1位で青山学院大からダイエー(現ソフトバンク)にドラフト1位で入団。2005年に米大リーグ、ホワイトソックスに移籍し、08年までフィリーズ、パドレス、フィリーズと在籍。09年にロッテに移籍した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中