野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

貢献度指標で12球団NO1の広島・丸、数字で見る凄さとは

プロ野球も交流戦が終わり、23日からは再びセパ両リーグで熱戦が繰り広げられる。ペナントレースはまだ半分以上を残しており、まだまだ追い上げは可能だ。両リーグ全体で、ここまでどの選手の貢献度が最も高かったのだろうか。WAR(Wins Above Replacement)を基に見てみたい。

20170622_maru

数字で見る貢献度、パは西武・秋山がトップ

 プロ野球も交流戦が終わり、23日からは再びセパ両リーグで熱戦が繰り広げられる。現在、セは貯金16の広島が首位に立ち、同10の阪神が2位。3位・DeNA以下の4球団は借金生活からの巻き返しを図る。一方、パは貯金20の楽天が首位を走り、同17のソフトバンクが2位、同9の西武が3位と続く。4位オリックス以下は借金を抱えているが、ペナントレースはまだ半分以上を残しており、まだまだ追い上げは可能だ。
 
 両リーグ全体で、ここまでどの選手の貢献度が最も高かったのだろうか。ポジションや球団の違いなどもあり、一概に決められないが、現在メジャーリーグで重視されるセイバーメトリクスの指標の1つであるWAR(Wins Above Replacement)を基に見てみたい。

 WARは様々な指標を総合し、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。つまり、WARが「1」であれば、チームに1勝分の貢献をしているということになる。

 スポーツデータの分析を手がけるDELTA社の独自集計によると、両リーグの先発投手、野手のWARトップ5は以下の通りとなっている。

人気記事ランキング