野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「涙をこらえてた」―隻腕の少年捕手が始球式に登場、見事な技術に感動の声

「涙をこらえてた」―隻腕の少年捕手が始球式に登場、見事な技術に感動の声

隻腕の少年がメジャーリーグの始球式で捕手役を務め、殿堂入り投手のボールを受けたことが、米国で話題となっている。プレーを目のあたりにしたオリオールズの捕手は試合後に「涙をこらえていた」と胸中を吐露。グラブを巧みに使いこなす姿を絶賛したと、MLB公式サイトが伝えている。

幼少期に右手を切断した14歳のテリー君、鮮やかな送球技術は「何年もかけて完璧にした」

 隻腕の少年がメジャーリーグの始球式で捕手役を務め、殿堂入り投手のボールを受けたことが、米国で話題となっている。プレーを目のあたりにしたオリオールズの捕手は試合後に「涙をこらえていた」と胸中を吐露。グラブを巧みに使いこなす姿を絶賛したと、MLB公式サイトが伝えている。

 記事によると、14歳のルーク・テリー君は幼少期に右腕を切断。しかし、これまで捕手としてプレーを続けてきたという。そんなテリー君は21日(日本時間22日)のオリオールズ-インディアンス戦で始球式に登場。通算268勝(152敗)を誇る殿堂入り右腕のジム・パーマー氏のボールを受けた。そして、掴んだばかりの白球を上に投げると、グラブを外して同じ左手でそのボールをつかみ、送球動作に入った。この一連の動きに、オリオールズの本拠地オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズは大歓声に包まれた。

 MLB公式サイトは、「オリオールズのケイレブ・ジョセフ捕手の目を引いたのは、ある見出しだった:『隻腕の捕手』。ジョセフはルーク・テリーのツイッター動画を何度も再生した」と紹介。シーズン序盤に動画を見ていたという捕手のジョセフがテリー君に「畏敬の念を抱いていた」として、試合後に絶賛したことを伝えている。

「彼を捕球し、空中にトスし、そしてグローブを外したんだ。流れるような動きだった。彼は何千回もやったんだと思う」

 実際に、テリー君は記事の中で、自身の送球動作について「昔はボールを捕ってからグローブを外し、地面に置いていたんです。それからボールを拾い上げていました。でも、それだと遅すぎるんです。ある日、裏庭であれこれやっていて、出来たんです…。何年もかけて完璧にしました」と明かしている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中