野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3年ぶりセーブで複数記録更新、中日・岩瀬が見せる復活の投球

中日の岩瀬仁紀投手が23日の巨人戦で1-0とリードした9回2死一、二塁で登板し、代打亀井を二ゴロに仕留めた。これにより、2014年7月31日の広島戦以来、3年ぶりのセーブを挙げた。

20170624_iwase

3年ぶりのセーブで自身が持つNPB記録更新した中日・岩瀬

 中日の岩瀬仁紀投手が23日の巨人戦で1-0とリードした9回2死一、二塁で登板し、代打亀井を二ゴロに仕留めた。これにより、2014年7月31日の広島戦以来、3年ぶりのセーブを挙げた。

 42歳のベテランにとっては通算403セーブ目で、自身の持つNPB史上1位の記録を更新。NPBの通算セーブ数5傑は以下の通りとなる。

1.岩瀬仁紀(中)403
2.高津臣吾   286
3.佐々木主浩  252
4.小林雅英   228
5.藤川球児(神)223

 また1974年11月10日生まれの岩瀬は、42歳7か月でセーブを挙げたが、これは史上3位の年長記録。セーブの年長記録5傑は以下だ。

人気記事ランキング