野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 広島2点リードで降雨ノーゲーム ワンバウンド巧打の西川「記録なしですね」

広島2点リードで降雨ノーゲーム ワンバウンド巧打の西川「記録なしですね」

24日にマツダスタジアムで行われた広島-阪神戦は、試合直後から降り続いた雨により、4回裏の広島の攻撃中に降雨ノーゲームとなった。

4回裏、広島の攻撃中に降雨ノーゲーム

 24日にマツダスタジアムで行われた広島-阪神戦は、試合直後から降り続いた雨により、4回裏の広島の攻撃中に降雨ノーゲームとなった。

 広島・薮田、阪神・能見の両先発の不調で、試合は序盤から点の取り合いになった。2回に糸原、梅野のタイムリーで阪神が2点を先制すると、その裏に広島が西川と會澤の連続タイムリー二塁打で同点に。その後、1点ずつを取り合い、4回に広島が押し出しと丸の犠牲フライで2点を勝ち越し、能見が降板となった場面で試合がストップした。その後、中断は約1時間に及んだが、天候が回復する気配がないため、ノーゲームとなった。

 先制点となるタイムリー二塁打に続き、第2打席にはワンバウンドのボールを安打にした西川は、イチローばりのバットコントロールによる安打に「(今までには)多分ないです」と答え、「中止になったので、記録なしですね。ありがとうございました」と、足早にロッカールームに引き上げた。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング