野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

采配ズバリのソフトB工藤監督ご満悦 逆転サヨナラ弾福田に「立派なもんだ」

劇的なサヨナラ勝ちに、工藤公康監督の表情が緩んだ。25日の本拠地西武戦。1点ビハインドで迎えた9回2死一塁から、福田が逆転サヨナラ2ラン。試合後、ベンチ裏へと戻ってきた指揮官は開口一番「今日は書くこと決まってますよね。お疲れさまでした! そこだけしっかり書いておいてね。以上です!」とご機嫌でまくし立て「立派なもんだ。あそこで打てるのは大したもの」とヒーローの福田を称賛した。

ソフトバンク

4番起用の長谷川が2安打3打点、高田は3安打2打点

 劇的なサヨナラ勝ちに、工藤公康監督の表情が緩んだ。25日の本拠地西武戦。1点ビハインドで迎えた9回2死一塁から、福田が逆転サヨナラ2ラン。試合後、ベンチ裏へと戻ってきた指揮官は開口一番「今日は書くこと決まってますよね。お疲れさまでした! そこだけしっかり書いておいてね。以上です!」とご機嫌でまくし立て「立派なもんだ。あそこで打てるのは大したもの」とヒーローの福田を称賛した。

 先発のバンデンハークが6回5失点で西武を追う展開になりながらも、6回1死二塁からプロ初の4番に起用した長谷川勇が2ラン。7回1死三塁、8回2死一、三塁では、共に高田が右前適時打を放って、1点差に詰め寄り、劇的な勝利への道筋を作った。

 長谷川は2安打3打点、高田は3安打2打点と、スタメンで起用した2人が活躍し「(長谷川は)打撃の感じも前捌きが出来ていて良かったし、コーチも使いたいと思うくらいに裏でバットを振っていた。(高田は)いいね、いい。試合になるとタイミングが合っている。調子のいい打者は最初から打っていけるし、今日は代打とかは考えずに、最後まで使うつもりだった」と褒めた。

 長谷川、高田、福田。チームでは、ベンチスタートの多い3人が結果を出し、敗戦まであと1人のところからのサヨナラ勝ち。3位・西武に3ゲーム差に詰め寄られる寸前のところで、逆に5ゲーム差へと広げ、首位・楽天との1.5ゲーム差もキープした。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング