野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

27試合で防御率0.00 DeNAを2年で戦力外も楽天で開花、「サブ」が放つ輝き

楽天の「サブちゃん」こと、プロ7年目の福山博之投手。持ち前の明るいキャラクターでチームを盛り上げる福山は、今季ここまで28試合に登板し25回1/3、3勝0敗、11ホールド、1セーブという好成績。26日のオリックス戦でも延長12回をわずか8球で3者凡退に抑える好投を見せた。防御率は驚異の0.00。シーズンの前半戦も終わりに差し掛かるこの時期にあって、許した失点はわずか1点で、自責点は0である。

プロ7年目の福山が果たす大きな役割、開幕からいまだに自責ゼロ

 楽天の「サブちゃん」こと、プロ7年目の福山博之投手。持ち前の明るいキャラクターでチームを盛り上げる福山は、今季ここまで28試合に登板し25回1/3、3勝0敗、11ホールド、1セーブという好成績。26日のオリックス戦でも延長12回をわずか8球で3者凡退に抑える好投を見せた。防御率は驚異の0.00。シーズンの前半戦も終わりに差し掛かるこの時期にあって、許した失点はわずか1点で、自責点は0である。

 楽天は26日終了時点でパ・リーグ首位を走っており、その強さを支えている大きな要因の一つとして、勝ち試合を確実に拾うための中継ぎ陣の充実ぶりが挙げられる。特にシーズン序盤は、新外国人のハーマン、ドラフト5位ルーキーの森原、守護神・松井裕からなる「勝利の方程式」が大車輪の活躍を見せた。登板数がかさんだことで森原が登録を抹消され、ブルペン陣の顔触れも起用法も変更を余儀なくされたが、福山はその中でもこれまでと変わらずに鉄壁の安定感を誇っている。

 福山は、2010年にドラフト6位で横浜に入団。わずか2年で戦力外通告を受け、2012年のオフに楽天に加入した。楽天が球団史上初のリーグ制覇、日本一を達成する2013年に22試合登板で出場機会を増やし、2014年には中継ぎとして65試合に登板するフル回転。その年のオールスターゲームにも監督推薦で選出されるなど大躍進を遂げた。

 翌2015年も65試合、2016年も69試合登板と3年連続で60試合以上の登板を果たし、プロ7年目となる今季も開幕戦から登板。場面を問わずに起用され、ほとんどピンチを背負うことなく、任された1イニングを無失点で抑える頼もしい投球を継続している。5月16日の北海道日本ハム戦では初の失点を喫するが、この失点は味方の失策によるもので、自責点はいまだに0点である。

人気記事ランキング