野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 上原も脱帽で感謝 24歳名手の超美技に絶賛の声「最もセクシーなプレー」

上原も脱帽で感謝 24歳名手の超美技に絶賛の声「最もセクシーなプレー」

カブスのハビアー・バエズ内野手が、26日(日本時間27日)の本拠地ナショナルズ戦でスーパーキャッチを見せた。マウンド上の上原浩治投手も帽子を脱ぎ、感謝した美技。若き名手のプレーには「ヤバいキャッチ」などと称賛の声が集まっている。

ファウルゾーンへ猛ダッシュ→スライディング捕球、MLB公式サイト「ヤバいキャッチ」

 カブスのハビアー・バエズ内野手が、26日(日本時間27日)の本拠地ナショナルズ戦でスーパーキャッチを見せた。マウンド上の上原浩治投手も帽子を脱ぎ、感謝した美技。若き名手のプレーには「ヤバいキャッチ」などと称賛の声が集まっている。

 2点リードで迎えた8回、上原が4番手でマウンドに上がると、先頭リンドがカウント2-2からスプリットを三塁後方のファウルゾーンへと打ち上げた。ただ、カブスは左打者のリンドに対してシフトを敷いていたため、定位置に三塁手がいない。すると、三遊間を一人でカバーする形となっていたバエズが猛ダッシュを始めた。

 上空の打球を見ながら全力疾走し、あっという間にファウルゾーンに入ると、最後にフェンスの位置を確認して足からスライディング。激しい衝突を避けながら、落下してきたボールを見事にグラブに収めた。

 圧倒的な守備範囲に、地元テレビ局の実況は「バエズのなんてキャッチだ!」と絶叫。解説者も「アメージングなプレーです」と称えた。敵地ナショナルズ・パークも大歓声に包まれるプレー。マウンド上の上原は帽子を掲げて感謝すると、バエズもこれに応えてグラブを突き上げた。

人気記事ランキング