野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBの名手・今宮が美技 珍しくガッツポーズを繰り出したワケ

ソフトバンクの今宮健太内野手が美技を披露した。6-5で勝利した28日の日本ハム戦(ヤフオクD)。7回の日本ハムの攻撃で、チームを救うファインプレーが飛び出した。

ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

小フライに「イチかバチか」の判断、チームを救うファインプレーに

 ソフトバンクの今宮健太内野手が美技を披露した。6-5で勝利した28日の日本ハム戦(ヤフオクD)。7回の日本ハムの攻撃で、チームを救うファインプレーが飛び出した。

 1点リードで迎えたこの回。2死からソフトバンク4番手の森が大野に中前安打で出塁を許す。ここで打席に立った杉谷が放ったどん詰まりの打球は、森の頭上をわずかに越える小フライに。「イチかバチかでした」。これに猛然とダッシュで突っ込んできた今宮は「グラブでいけば、セーフ」と咄嗟に判断して素手でボールを拾うと、瞬時に握り変えてランニングスロー。間一髪のところで、アウトとした。

「我ながらいいプレーだった」と、普段は好プレーを見せても感情を表に出さない今宮が、この時ばかりは右手を握ってガッツポーズ。同点で迎えた5回には勝ち越しの4号ソロを放ったが、守備の名手らしく「(本塁打よりも)今日は守備かな、と思います。展開的にもヒットになるとイヤなところで、アウトに出来た」と自賛した。

 昨季まで4年連続ゴールデングラブ賞を獲得している球界屈指の遊撃手。まさに、名手の名にふさわしいプレーだった。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中