野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ6敗目 6回3失点の粘投でQS達成も…援護に恵まれず6月は1勝

レンジャーズのダルビッシュ有投手は28日(日本時間29日)、敵地でのインディアンス戦に先発し、6回7安打3失点(自責2)6奪三振1四球と粘投も6敗目(6勝)を喫した。制球に苦しみ、味方のまずい守備が絡む失点もありながら、クオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以内)を達成。しかし、援護にも恵まれずリードを許したまま降板し、レンジャーズは3-5で敗れた。

21070629_darvish2

味方のまずい守備も絡んで失点、苦しみながらゲーム作るも…

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は28日(日本時間29日)、敵地でのインディアンス戦に先発し、6回7安打3失点(自責2)6奪三振1四球と粘投も6敗目(6勝)を喫した。制球に苦しみ、味方のまずい守備が絡む失点もありながら、クオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以内)を達成。しかし、援護にも恵まれずリードを許したまま降板し、レンジャーズは3-5で敗れた。

 初回、先頭キプニスのレフトへの大きなフライに左翼マザーラが追いつきながら捕球できず。味方のエラーでいきなり無死二塁とピンチを迎えたダルビッシュは、リンドーアにはライト前への先制タイムリーを浴びた。その後、1死一塁で相性の悪いエンカーナシオンにはレフト線へのツーベースを浴びる。しかし、ラミレスは投ゴロ、チゼンホールは3球三振で最少失点で切り抜けた。

 2回は3者凡退。しかし、3回は先頭キプニスを四球で歩かせると、リンドーアはセンター前ヒットで無死一、三塁。ブラントリーにはセンター前に運ばれて2点目を許した。その後、1死一、三塁からラミレスにライト前ヒットを浴びて3失点目。後続は打ち取ったが、0-3とリードを広げられた。

 4回は1死からジマーにセンター前ヒットを許すも、ペレスは遊ゴロ併殺打。すると、インディアンス先発バウアーに抑え込まれていたレンジャーズ打線は5回にチリノスがソロ本塁打。ようやく1点を返す。

 その裏、ダルビッシュは先頭のキプニスにレフトフェンス直撃のツーベースを浴びるも、後続を打ち取り無失点。レンジャーズ打線が6回2死二、三塁の好機で無得点に終わると、ダルビッシュはその裏は3者凡退に仕留めて降板となった。

 しかし、レンジャーズはその後、救援陣がリードを広げられて敗戦。ダルビッシュに6敗目がついた。この日は101球を投げてストライクは69球。防御率は3.11となった。これで3試合連続勝ちなし。6月は好投を続けながら1勝のみで6勝6敗の五分となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング