野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

光る強肩捕手・甲斐の貢献度 ソフトBの「弱みを消す」という戦力アップ

ソフトバンクの捕手・甲斐拓也が出場機会を伸ばしている。ここまでほぼ半数のイニングでマスクを被り、実績では大きく上回る鶴岡慎也、高谷裕亮以上のインパクトを残している。

ソフトバンク・甲斐が二塁阻止「ポップタイム」で好値連発
ソフトバンク・甲斐が二塁阻止「ポップタイム」で好値連発

インパクト残す甲斐の強肩と送球技術

 ソフトバンクの捕手・甲斐拓也が出場機会を伸ばしている。ここまでほぼ半数のイニングでマスクを被り、実績では大きく上回る鶴岡慎也、高谷裕亮以上のインパクトを残している。

 甲斐の強みとして真っ先にイメージされるのはその強肩だろう。これは単なる印象論に基づくものではなく、客観的にも評価できるものだ。

 盗塁時の捕手のスローイングについて、捕手のミットに収まった瞬間から、ベースカバーに入った野手のグラブに収まるまでの秒数「ポップタイム」を、2015年以降について計測すると(「走者一塁」時に企図された二盗についてのみ計測。またディレードスチールなどは除く)、今季甲斐は最速値を2度更新するなど、トップ3を独占している。全体の分布を見ても、甲斐が記録している1.71~1.73秒という記録がいかに突出しているかがわかる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中