野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 久々登板のハム大谷、一問一答 初球157kmも「スピードどうこうではない」

久々登板のハム大谷、一問一答 初球157kmも「スピードどうこうではない」

日本ハムの大谷翔平投手が1日、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアムでのイースタン西武戦に先発した。昨年10月22日の日本シリーズ第1戦以来、約8か月振りに実戦登板。1回を投げて1本塁打を含む1安打1失点2四死球2奪三振だった。

「スピードどうのこうのではなく、ストライクゾーンに投げられること」

――スピードの部分では?

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「平均で150キロ前後で、久々にしてはいいのではないか。今の段階で、スピードどうのこうのではなく、しっかりストライクゾーンに投げられること。実戦に慣れていないと、今日みたいに当たることもある。 そこはゲームじゃないとわからないこともある」

――今後の調整は?

「キャンプでも投げてないし、バッターに対する感覚がない。今日はバッターというより、投げてみてどうなるかということ」

――初球は157キロだけど、その後は抑えた?

「下(マウンド)がゆるかったので、これはあまりよくないかなと。投げられたというのが、今日の収穫かなと思います」

――今後の課題は?

「今日は投げられて、ひとつの段階をクリアできたかなと。ここから打者に対する投球を確認できればいい」

――変化球は?

「ダメでしたね。実戦不足かなと思う。(ストレートは)指にかかったボールはよかった。自分なりに描いていた軌道で投げられたと思う」

――1軍のマウンドは?

「一歩前進したので、そこから目指すもの。今日の段階では(1軍は)早いのかなと思う。投げる段階に入っただけ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」