野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ名手・岡田、チーム救う超美技 勝利を“もぎ取る”ダイビングキャッチ

ロッテは1日、本拠地での日本ハム戦に7-3で勝利した。4点リードの9回には、名手・岡田幸文外野手が超美技。ピンチでチームを救った。

チームメートも大きな拍手、ペーニャはファンに祝福求める

 ロッテは1日、本拠地での日本ハム戦に7-3で勝利した。4点リードの9回には、名手・岡田幸文外野手が超美技。ピンチでチームを救った。

 ロッテは加藤が2ランを含む4打点を挙げるなど、6回までに7点を奪取。しかし、好投を続けていた7回に石井一に3ランを浴び、4点差とされた。

 試合はそのまま9回へ。しかし、4番手の内は1死から四球と大嶺翔のエラーで二、三塁のピンチを背負う。続く大田は直球を打ち、ライト前への浅いフライ。途中出場の右翼・岡田は猛然とチャージすると、最後はダイビング。間一髪でグラブに収めた。

 落ちていれば、タイムリーとなる打球。だが、岡田はすぐに立ち上がり、三塁走者のタッチアップすら許さなかった。2点差、もしくは1点差となれば、白星も危うくなる状況だっただけに、まさにチームを救う超美技だった。

 ベンチではチームメートも大きな拍手。ペーニャは身を乗り出して、大きな仕草でファンに祝福を求めていた。

人気記事ランキング