野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 契約打ち切り“危機”から広島“最強助っ人”に 大砲エルドレッドを支えたもの

契約打ち切り“危機”から広島“最強助っ人”に 大砲エルドレッドを支えたもの

広島のエルドレッドが1日の中日戦で3打席連続本塁打を記録した。6月16日の丸に続く快挙に、ヒーローインタビューでは、石井打撃コーチに勧められたという全て日本語での回答で「キモチイイ、ハイ!」と周囲を笑わせた。

広島・エルドレッド【写真:荒川祐史】
広島・エルドレッド【写真:荒川祐史】

前監督の野村氏が明かす当時の記憶、「ちょっとえこひいきをしていたかも」

 広島のエルドレッドが1日の中日戦で3打席連続本塁打を記録した。6月16日の丸に続く快挙に、ヒーローインタビューでは、石井打撃コーチに勧められたという全て日本語での回答で「キモチイイ、ハイ!」と周囲を笑わせた。

 3打席連続本塁打は、米国でマイナー時代に経験があるというエルドレッド。「1Aでプレーしていた時、自分の誕生日だったので、よく覚えているよ」と笑顔を見せた。

 その長打力を買われ、「三振は多くても、とにかく大きいのを打てる選手が欲しかった」という野村謙二郎前監督の要望で、12年のシーズン途中に広島に入団した。途中入団ながら、チーム2位の11本塁打を放ち、貧打に苦しんでいたチームで貴重な存在となった。翌13年には、開幕直後に死球で左手首を骨折して13本塁打に終わり、球団はその年限りで契約を打ち切る方針だったが、野村氏を中心とした現場の強い要望で残留。その期待に応え、14年は37本塁打で本塁打王に輝いた。

 野村氏は当時を振り返る。「彼とは積極的にコミュケーションを取るようにしていた。食事にも一緒に行っていたし、彼の奥さんの誕生日には、ケーキを買って自宅に行ったこともある。ちょっとえこひいきをしていたかと言われれば、そうかもしれないけど、それだけ大事な選手だった」。エルドレッドも当時、野村氏のアドバイスに感謝するコメントをしばしば口にしていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中