野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、今季最短KOで4敗目 ドジャース監督「ケンタはキレがなかった」

前田健太、今季最短KOで4敗目 ドジャース監督「ケンタはキレがなかった」

ドジャースの前田健太投手が2日(日本時間3日)の敵地パドレス戦で4回途中5失点で降板し、4敗目(6勝)を喫した。前回登板のエンゼルス戦では7回無失点と好投していたが、7月最初の登板で今季最短のKO。試合後、連勝が3で止まったドジャースのデーブ・ロバーツ監督は地元メディアに「今日のケンタはキレがなかった」と語った。

敵地パドレス戦に先発したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
敵地パドレス戦に先発したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

4回途中で5失点降板、ドジャースは連勝3でストップ

 ドジャースの前田健太投手が2日(日本時間3日)の敵地パドレス戦で4回途中5失点で降板し、4敗目(6勝)を喫した。前回登板のエンゼルス戦では7回無失点と好投していたが、7月最初の登板で今季最短のKO。試合後、連勝が3で止まったドジャースのデーブ・ロバーツ監督は地元メディアに「今日のケンタはキレがなかった」と語った。

 前田は6月の防御率が1.71と復調の兆しを見せていたが、この日は序盤から崩れ、初回、マーゴットに先制ソロを被弾。2回も2四死球と3本のヒットで3点を失った。3回はゼロで抑えたものの、4回2死二塁からピレラにタイムリーを浴びたところで降板。ドジャースはその後3点を返したものの、3-5で敗れ、前田は4敗目を喫した。この日は3回2/3で8安打5失点で防御率4.56となった。

 米メディア「スポーツネットLA」は試合後、ロバーツ監督が前田の出来に首を傾げる様子をレポート。指揮官は「今日、ケンタにはキレがなかった」と振り返り、特に変化球に問題があったと分析した。また、「彼がマウンド上で、技術的、そして精神的な面で快適だったかは分からない。しかし、前回の登板とは異なっていた」とも語っている。

 今季開幕から不安定な投球が続いた前田はこれまで救援も経験。ナ・リーグ西地区で首位を独走するチームで先発ローテを担うことができるのか。今後の起用法が注目される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング