本人に説明しなかった中田1番起用の理由 ハム栗山監督「バット振らないと」

「翔が翔らしくならないとチームの優勝はない」

 12年の監督就任時から先月9日の巨人戦までレギュラーシーズンで先発起用した720試合すべて4番で起用し続けた。今季は打撃不振で苦悩する主砲を先月10日の巨人戦で初めて3番起用。さらに驚愕の1番起用は、なんとかきっかけをつかんでほしいという親心の表れだ。

 指揮官の思いに中田は結果で応えることはできなかった。初回の第1打席は、ソフトバンク・千賀の149キロ直球に空振り三振した。3回は147キロ、5回は142キロの直球にいずれも空振り三振。7回は森の149キロを打って遊ゴロに倒れた。

 21打席連続無安打となったが、栗山監督は悲観していない。「前に進んでいるよ。とにかくバットを振るのがベース。いつか翔らしくなると信じている。翔が翔らしくならないとチームの優勝はない」。その表情に迷いはない。チーム浮上のため手を打ち続ける。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY