野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ2年目にして漂う大砲の風格 オリックス吉田正の2017年シーズンが開幕

7月9日、オリックスの若き大砲候補・吉田正尚外野手が、満を持して今シーズン初の1軍昇格を果たし、初出場となった試合でこれ以上ない結果を残した。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

今季初出場で決勝打放つ活躍、オリックスは4-0で快勝

 7月9日、オリックスの若き大砲候補・吉田正尚外野手が、満を持して今シーズン初の1軍昇格を果たし、初出場となった試合でこれ以上ない結果を残した。

 チームが4連敗を喫している中、本拠地で迎えた千葉ロッテとのカード3戦目。3番・指名打者としてスタメン入りすると、0-0で迎えた3回裏、2死満塁の絶好機。千葉ロッテの石川の4球目の直球を鋭く振り抜いて中前に運び、試合の均衡を破る2点先制適時打を放つ。結果的にこれが決勝点となり、試合は4-0でオリックスが快勝を飾った。

 昨シーズン、芸術的かつ豪快なフルスイングで、オリックスファンのみならず数多くのプロ野球ファンを魅了した吉田正。プロ2年目の若者とはいえ、逸材であることは間違いなく、待ち望まれていた1軍昇格ではあった。しかし、復帰戦ですぐさま今日のような結果を残すのは容易ではなく、その不安を覆して結果を出したことからもその器の大きさは計り知れない。

 吉田正は敦賀気比高校、青山学院大学を経て、2015年のドラフトでオリックスから1位指名を受けた23歳。ルーキーイヤーだった昨シーズン、怪我に見舞われながらも開幕1軍の切符をつかみ、初出場試合で早速マルチ安打を放つと、ドラフト制開始後最長タイとなる開幕からの6試合連続安打を記録。華々しいデビューを飾るも、4月下旬に腰椎の椎間板症により出場選手登録を抹消されてしまう。

 離脱から約4カ月後の8月にようやく1軍復帰を果たすと、計63試合という出場試合数ながら231打数67安打34打点、打率.290という好成績を残す。持ち味のフルスイングで描いたアーチは10本を数え、パ・リーグの新人選手が1軍公式戦で2桁本塁打に到達するのは、2003年に西武の後藤(現横浜DeNA)が記録して以来となる13年ぶりの快挙だった。

人気記事ランキング