野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 武南のプロ注目右腕、2回戦敗退も評価下がらず スカウト「魅力ある素材」

武南のプロ注目右腕、2回戦敗退も評価下がらず スカウト「魅力ある素材」

第99回全国高校野球選手権埼玉大会第3日は10日、県営大宮公園など7球場で2回戦18試合が行われ、プロ球団注目の右腕・布川雄大(3年)を擁するDシードの武南は、昨秋の県大会で8強入りした星野に延長戦の末2-3で敗れ、初戦で姿を消した。

延長戦の末に敗戦、投打で牽引の187センチ右腕・布川「力が足りなかった」

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会第3日は10日、県営大宮公園など7球場で2回戦18試合が行われ、プロ球団注目の右腕・布川雄大(3年)を擁するDシードの武南は、昨秋の県大会で8強入りした星野に延長戦の末2-3で敗れ、初戦で姿を消した。

 10回裏2死一塁から4番・布川に打席が回ってきた。6回には左翼フェンス直撃の二塁打を放っていたが、5打席目は2球目を詰まらせ、右邪飛に倒れてゲームセット。2年にわたり、エースと主砲の“二刀流”でチームをけん引してきた男は、「力が足りなかった。今は悔しい気持ちでいっぱいです」と涙も見せず、自らの力不足だけを反省した。

 2回に2つの暴投が絡んで同点とされたが、6回までは完璧に近い投球を披露。上尾との今春の県大会1回戦でマークした自己最速146キロの速球を主体に変化球を織り交ぜ、2安打、7奪三振の好投で星野打線を苦しめた。

 しかし2-1で迎えた7回、この日初めて連打を浴び無死一、三塁から中堅への鋭い犠飛で再び追い付かれた。「中盤以降は暑さもあり、疲れが出て下半身を使って投げられなかった」と汗を拭った。

人気記事ランキング