野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム杉谷、肘当て指して猛アピールも…死球認められず、無念の三振に

日本ハムの杉谷拳士内野手が、10日のオリックス戦で投球が腕に当たったとして猛アピールするも実らず、無念の三振に倒れた。

栗山監督も出てきて抗議

 日本ハムの杉谷拳士内野手が、10日のオリックス戦で投球が腕に当たったとして猛アピールするも実らず、無念の三振に倒れた。

 2回、先頭で打席に立った杉谷は1ボールのあと3球ファウルで追い込まれる。そして、オリックス山崎福の5球目は内角へのスライダー。杉谷はバットを止め、ボールは捕手・若月のミットに収まる。すると、杉谷は一瞬の間の後、左腕の肘当てに当たったとして、猛アピールした。

 グリップに当たったと判定されたのか、その後、栗山監督も出てきて抗議したが、死球は認められず。杉谷は三振となり、そのままベンチに下がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング