野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 両リーグで6人のみ フルイニング同一ポジションで出場する「不動の野手」

両リーグで6人のみ フルイニング同一ポジションで出場する「不動の野手」

7月9日に1500安打を記録した巨人の坂本勇人は過去9年間、正遊撃手として活躍してきたが、それでも他の選手にポジションを譲ることがある。今季はクルーズが2試合、寺内崇幸が3試合(途中出場)、遊撃を守っている。

西武・源田壮亮【写真:(C)PLM】
西武・源田壮亮【写真:(C)PLM】

1つのポジションを1人の選手がずっと守る、本当の意味での「不動の野手」

 7月9日に1500安打を記録した巨人の坂本勇人は過去9年間、正遊撃手として活躍してきたが、それでも他の選手にポジションを譲ることがある。今季はクルーズが2試合、寺内崇幸が3試合(途中出場)、遊撃を守っている。

 1つのポジションを1人の選手がずっと守る、本当の意味での「不動の野手」は、極めて少ない。

 両リーグの「不動の野手」(試合数は9日時点)、パ・リーグは西武の2人だけだ。

西武
遊撃手 源田壮亮 76試合
外野手 秋山翔吾 76試合

 新人・源田は開幕からフルイニング出場。新人で全試合、全イニングフル出場するとすれば、1956年高橋ユニオンズの二塁手・佐々木信也(慶應義塾大学のち「プロ野球ニュース」キャスター)、1958年巨人の三塁手・長嶋茂雄(立教大学)、1961年の国鉄の三塁手・徳武定之(早稲田大学)以来4人目。ドラフト制以降では初のケースとなる。

 秋山は2015年からフルイニング出場を続けている。

 ロッテの鈴木大地は二塁は全試合1人で守っているが、出塁して代走を一度送られているのでフルイニング出場とはならない。

人気記事ランキング