野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑、至近距離から痛恨の本塁悪送球…2回までに4失点

日本ハムの斎藤佑樹投手が11日の敵地オリックス戦で今季5度目の先発登板に臨んだが、序盤から失点を重ねる展開となった。痛恨の悪送球も響き、2回までに4失点を喫した。

2回に自身のエラー絡み3失点

 日本ハムの斎藤佑樹投手が11日の敵地オリックス戦で今季5度目の先発登板に臨んだが、序盤から失点を重ねる展開となった。痛恨の悪送球も響き、2回までに4失点を喫した。

 初回に1点を失った直後の2回、先頭のマレーロを空振り三振に仕留めたが、T-岡田、小島と連打を浴びて一、三塁のピンチに。ここで若月をボテボテの投ゴロに打ち取ったが、斎藤は至近距離からまさかの本塁悪送球。三塁走者が生還し、2点目を許した。

 さらに駿太にライト線への2点三塁打を浴びると、1死三塁から大城の打球を一塁の中田が捕球したが一塁ベースカバーがなく、内野安打で1死一、三塁に。ここで吉田正を左飛、ロメロを二ゴロに打ち取ったが、痛恨のエラーが響き、2回までに4点のリードを許す展開となった。

人気記事ランキング