野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB首位攻防戦で楽天に連敗 工藤監督「後半はウチが上回れるように」

12日、楽天との首位攻防第2戦は楽天先発の岸孝之に6回まで2安打に封じられて0-2の惜敗。工藤公康監督も「よかったね。丁寧に投げていた」と岸の好投を認めるしかなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

1.5差の2位で後半戦へ、3回無失点のモイネロには高評価「真っ直ぐにすごく力がある」

 12日、楽天との首位攻防第2戦は楽天先発の岸孝之に6回まで2安打に封じられて0-2の惜敗。工藤公康監督も「よかったね。丁寧に投げていた」と岸の好投を認めるしかなかった。

 この日のソフトバンク打線は5回2死までノーヒット。工藤監督は「チャンスは少なかったけど、そうポンポン打てるわけじゃないから。まあ、しょうがないかな」とため息まじりに試合を振り返った。

 ソフトバンクの先発・松本裕樹も、毎回ランナーを許しながら4回まで無失点。5回にペゲーロに浴びた特大2ランによる2点が、この試合の唯一の得点となった。

「(松本は)粘っていたと思うし、2点というのは投手の責任ともいえない。ただ、考えてほしいのは、その前に『1、2、3』で打ちにきてレフトに大きなファールを打たれていて、それをどう次に活かすかということ。そこはいろいろと学んでメリハリをつけてくれたらと思う」

 6回から登板し、3回を無失点に抑えたモイネロについて語る際には、工藤監督の声のトーンもやや明るくなった。

「真っ直ぐにすごく力があるし、チェンジアップもいいところに行っている。カーブも上の方から落ちてくるしね。後半戦は2、3イニング使えると思うし、また使い方は考えていきたい」

人気記事ランキング