野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB、工藤政権で初2位ターンも大きな収穫 若手台頭「非常に良かった」

ソフトバンクは2位で前半戦を終え、折り返し地点を迎えることとなった。首位攻防戦となった11、12日の楽天戦(ヤフオクD)に連敗し、その差は1.5ゲームに拡大。就任3年目で初めて首位での折り返しを逃した工藤公康監督は前半戦を「順位は1位に越したことはないと思いますが、みんなが頑張ってくれたおかげで、23個の貯金がある。みんなが力を1つにして、ここまで頑張ってこれたのだと思っています。大きな連敗もなかったですし、選手達は移動も含め大変なところをしっかりやってくれた」とした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

楽天に連敗も貯金23で後半戦へ、若手が「すべきことをやってくれた」

 ソフトバンクは2位で前半戦を終え、折り返し地点を迎えることとなった。首位攻防戦となった11、12日の楽天戦(ヤフオクD)に連敗し、その差は1.5ゲームに拡大。就任3年目で初めて首位での折り返しを逃した工藤公康監督は前半戦を「順位は1位に越したことはないと思いますが、みんなが頑張ってくれたおかげで、23個の貯金がある。みんなが力を1つにして、ここまで頑張ってこれたのだと思っています。大きな連敗もなかったですし、選手達は移動も含め大変なところをしっかりやってくれた」とした。

 83試合を消化して53勝30敗の貯金23。順位こそ、楽天の後塵を拝する2位だが、勝ち星は着実に積み重ねて来ている。連敗も4月中旬に一度だけ喫した4連敗が最長で、それ以外には3連敗もない。安定した成績を残し続けていると言える。

 和田毅が左肘手術で長期離脱となり、武田翔太が右肩炎症、千賀滉大が左背部の張りで戦線を離れた。交流戦中には内川聖一が頚椎捻挫、デスパイネが太もも裏肉離れ、高谷裕亮が骨折、11日には五十嵐亮太が太もも裏を肉離れと負傷者が続出。そのチームの窮地を若い力が救った。

 野手で言えば、開幕から定位置を確保した上林誠知、そして次第に存在感を際立たせ、高谷の離脱で一気に正捕手の座を掴みかけている甲斐拓也。投手で言えば、中継ぎから先発へ配置転換となり、好投を続けている石川柊太や松本裕樹。指揮官も「上林くんであったり、甲斐くんであったり、彼らが失敗するときもありましたけど、自分たちがすべきことをやってくれて、僕のイメージしている成績よりも遥かにいい成績を残してくれた。和田くんが離脱したのは非常に痛いところではありましたけど、その分若い人たちにチャンスを作ることも出来た。それを若い人たちがモノにして先発ローテに入ることが出来たというのは非常に良かったのではないか、と思います」という。

人気記事ランキング