野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督「試合が動く予感あった」 後半戦初戦で納得の白星

シーズン後半戦の初日となった17日、ソフトバンクは西武に3-1で勝利。先制を許すもデスパイネのソロ弾で追いつき、内川が満塁から決勝打を放っての白星だった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

柳田敬遠直後に内川が決勝打「意地の一打だね」

 シーズン後半戦の初日となった17日、ソフトバンクは西武に3-1で勝利。先制を許すもデスパイネのソロ弾で追いつき、内川が満塁から決勝打を放っての白星だった。

 この日は「鷹の祭典」の初日とあって、ヤフオクドームは選手と同じデザインのユニフォームを着たファンで満員御礼。その中で西武に先制を許したが、工藤公康監督は「あれで試合が動く予感はあった」と振り返った。動かしてくれたのは、球宴2戦目にMVPを獲得したデスパイネだ。

「すぐに取り返してくれたのがよかった。あそこでデスパイネが打ってくれたのが大きかったね。あのまま1回、2回と点が取れないとズルズルいくところだった」

 そして決勝打は、球宴1戦目のMVP・内川聖一。5回1死二、三塁から3番・柳田悠岐が勝負を避けられた後の一打だった。「ああいうところで打つのが4番の仕事。意地の一打だね」と内川を称えながらも、相手の返球で本塁憤死した二塁走者・高田知季に対して「止まって打球見ている場面じゃない。もっと打球判断の練習はしないとね。ああいうところの1点が大きなことになる場合も多いから」とチクリ。

人気記事ランキング