野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト山田哲人、奇跡の「3年連続トリプルスリー」は可能か

不振にあえぐヤクルト・山田哲人はオールスターブレークに3年連続のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)について「まだまだあきらめない」と決意を述べた。記録的にそれは可能なのだろうか。

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

3年連続のトリプルスリー実現の可能性を探る

 不振にあえぐヤクルト・山田哲人はオールスターブレークに3年連続のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)について「まだまだあきらめない」と決意を述べた。記録的にそれは可能なのだろうか。

 7月17日終了時点での成績は83試合の出場で306打数70安打13本塁打11盗塁、打率.229だ。残りはちょうど60試合。打率3割、30本塁打、30盗塁は果たして可能か――。

【打率3割】

 山田の今季の1試合当たりの平均打数は3.69。この数字を残り60試合でかけると221打数。山田の今季の最終打数は527と予測できる。すると3割をマークするには158安打が必要だ。残り試合で山田は221打数88安打、打率.398をマークしなければならない。山田の月間打率が.350を超えたのは2015年7月の.434と、2014年5月の.372、同8月の.373の3回(10月を除く)だけ。安打製造機タイプの選手の中には.450を超える爆発的な月間打率をマークする選手もいるが、どちらかと言えば安定的な成績を続けるタイプだけに、厳しい数字だ。

人気記事ランキング