野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武珍プレー 炭谷“勘違い”で猛ダッシュ一塁帰塁→金子侑追い越しでアウト

19日のソフトバンク-西武戦(北九州)で、珍プレーが起きた。

金子侑が炭谷を追い抜きアウトに

 19日のソフトバンク-西武戦(北九州)で、珍プレーが起きた。

 6回の西武の攻撃だった。先頭の炭谷が左前安打で出塁。続く金子侑は、左翼後方への大きな当たりを放った。左翼・中村晃が懸命にグラブを伸ばしたが、届かずにフェンス直撃の当たりとなった。

 だが、走者の炭谷は中村晃がキャッチしたものと勘違い。二塁ベースを回ったところから、猛ダッシュで一塁へと帰塁していった。ここで、一塁を回っていた打者の金子侑が、一塁へと戻った炭谷を追い抜いてしまった。

 送球が二塁へ送られ、フォースアウトとなる前に、金子侑が追い抜いたため、この瞬間に金子侑はアウトを宣告された。このプレーについて、責任審判の一塁塁審・芦原は「打者走者金子が炭谷を追い越しましたので、金子選手をアウトとし、ランナー一塁で再開します」と説明し、試合が再開された。

人気記事ランキング