野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「バットが重く感じてた」― ホークス甲斐、圧巻の2打席連発生んだ黒バット

前夜のヒーローが「タカタ」なら、今夜のヒーローは「タクヤ」だった。19日の西武戦(北九州)。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が自身初となる2打席連発を含む3安打4打点と大暴れ。それでも、試合後の甲斐には「結果的にそうなっただけ。それよりも、キャッチャーとして最後まで試合に出られなかったので、悔しい気持ち」と笑顔はなかった。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

2発3安打4打点の活躍も甲斐に笑顔なし「悔しい気持ち」

 前夜のヒーローが「タカタ」なら、今夜のヒーローは「タクヤ」だった。19日の西武戦(北九州)。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が自身初となる2打席連発を含む3安打4打点と大暴れ。それでも、試合後の甲斐には「結果的にそうなっただけ。それよりも、キャッチャーとして最後まで試合に出られなかったので、悔しい気持ち」と笑顔はなかった。

 1本目は2点を先制されて迎えた3回。先頭打者で打席に入ると、西武先発のファイフが投じた外角高めのカットボールを右翼席へ運ぶ4号ソロ。さらに、再び2点差に広げられた4回2死一、二塁で迎えた第2打席にも快音を響かせた。再びファイフから、内角のストレートを完璧に捉えると、打球はバックスクリーン左に飛び込む5号3ランに。今季、プロ初本塁打を放ったばかりの甲斐にとって、当然初めてとなる2打席連発となった。

 実はこの日、甲斐は普段とは異なるバットを使った。普段は中村晃からもらった白木のバットを極端に短く持って打席に入るのだが、この日、その手には黒いバットが握られていた。

「バットが重く感じていて、前の試合もボールに差されていた」

人気記事ランキング