野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マイナーで坂を上りながらの背走美技! 米国で反響「信じられないキャッチ」

マイナーで坂を上りながらの背走美技! 米国で反響「信じられないキャッチ」

米マイナーリーグで坂を上りながらのファインプレーが飛び出した。19日(日本時間20日)に行われた3Aのタコマ・レイニアーズ-アルバカーキ・アイソトープス戦。6回のタコマの攻撃だった。

アルバカーキのタピアが美技を披露

 米マイナーリーグで坂を上りながらのファインプレーが飛び出した。19日(日本時間20日)に行われた3Aのタコマ・レイニアーズ-アルバカーキ・アイソトープス戦。6回のタコマの攻撃だった。

 2死走者なしの場面でタイラー・オニールがセンター方向へ大飛球を放った。これをアルバカーキの中堅ライメル・タピアが猛然と追ったが、ここで“難関”が待ち受けていた。フェンス手前が丘のように盛り上がっている形状だ。

 試合が行われたアルバカーキのアイソトープス・パークはセンターフェンス付近が丘のような形状となっており、フェンスに近づくにつれて上り坂となっている。タピアはその傾斜をものともせず、背走しながら駆け上がると、フェンス手前でジャンプ。見事に打球をキャッチした。

 その時点で2-1と1点をリードしていたアルバカーキはこのビッグプレーで相手にチャンスを許さず無失点で切り抜けると、最終的に3-1と競り勝った。

 このタピアの美技は現地で反響を呼んでおり、MLB公式動画サイト「Cut4」も「ライメル・タピアがアルバカーキの中翼にある坂を駆け上がり、信じられないキャッチをする」と特集。アイソトープス・パークのセンターフェンス付近の傾斜がこれまでも多くの外野手を混乱させてきたことに触れつつ、「タピアは全く影響を受けることはなかった」とレポート。この美技を「驚くべきキャッチ」と評した。

人気記事ランキング