野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武菊池が15度目QSでハーラータイ9勝目、浅村10号先制弾など大量8点

西武は21日、本拠地での日本ハム戦に8-5で勝利した。後半戦はソフトバンクに3連敗スタートだったが、エース左腕の菊池が7回途中を8安打3失点とする力投を披露。打線も浅村が先制ソロを含む2安打3打点をマークするなど大量8得点で快勝した。

日本ハム先発メンドーサは5回途中5失点降板

 西武は21日、本拠地での日本ハム戦に8-5で勝利した。後半戦はソフトバンクに3連敗スタートだったが、エース左腕の菊池が7回途中を8安打3失点とする力投を披露。打線も浅村が先制ソロを含む2安打3打点をマークするなど大量8得点で快勝した。

 先発の菊池は、初回と2回に走者を二塁に背負ったが、後続を切って無失点とすると、3回と4回は連続で3者凡退とした。5回も無失点に抑えたが、6回に内野安打や四球などで1死満塁としたところで、ドレイクと市川に連続タイムリーを浴びて2点を失った。マウンドに戻った7回に1死から西川と松本に連打去れ、1死一、二塁としたところで111球を投げて降板した。2番手牧田が完璧救援を見せ、菊池は6回1/3を8安打3失点(自責2)とし、今季15度目のクオリティスタート(6回以上自責3以下)でハーラータイの9勝目を飾った。

 打線は初回に浅村の10号ソロで先制に成功すると、4回には1死満塁から外崎が2点適時打。5回にメヒアの適時二塁打、中村の犠飛で2点を追加すると、6回には秋山と浅村のタイムリーで3点を挙げ、マウンド上の菊池を盛り立てた。

 日本ハムは、先発メンドーサが5回を持たずに5失点。打線は終盤にヒットを重ねたが、決め手の一打に欠き、追い上げることができなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング