野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA、延長12回サヨナラ好機に1打出ず引き分け、巨人田口9勝目ならず

DeNAは21日、本拠地での巨人戦で延長12回を戦ったが、引き分けに終わった。

ロペスは5打数5安打と大爆発

 DeNAは21日、本拠地での巨人戦で延長12回を戦ったが、引き分けに終わった。

 巨人田口、DeNA井納の投げ合いとなったこの日。3回までは両軍ともに攻めあぐねたが、巨人は4回に坂本の10号2ランで先制。さらに亀井のタイムリーで3点目を挙げた。

 DeNA打線はじわじわと追い上げた。4回にロペス、5回に倉本、6回に宮崎のタイムリーで同点に追いつくと、救援陣が無失点リレー。勝負は延長戦にもつれ込んだ。

 そして迎えた延長12回、先頭梶谷が途中から三塁に入った寺内の失策で出塁。荒波、倉本は内野ゴロに倒れたが、桑原が四球で2死一、二塁とする。打席に立った2年目柴田は、カミネロに空振り三振に仕留められて試合終了。両軍の健闘空しく引き分けに終わった。

 巨人の田口は7回3失点と力投したが9勝目ならず。DeNAのロペスは5打数5安打と絶好調だったが、好機で打席が回らなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング