野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 習志野、甲子園切符まであと2勝 勝利引き寄せた継投と1番池田の打撃

習志野、甲子園切符まであと2勝 勝利引き寄せた継投と1番池田の打撃

習志野が22日、ZOZOマリンで行われた全国高校野球選手権千葉大会の準々決勝、千葉敬愛戦で9-4と勝利し、準決勝に駒を進めた。

6年ぶり甲子園まであと2勝

 習志野が22日、ZOZOマリンで行われた全国高校野球選手権千葉大会の準々決勝、千葉敬愛戦で9-4と勝利し、準決勝に駒を進めた。

 春の県大会では同じ準々決勝で5-8と敗れていた相手。2回に1点を先制したが3回3連打で同点とされると、小林徹監督はなおも1死二、三塁のピンチで先発の古谷から石川にスイッチ。これが奏功し、この回1失点で切り抜けた。

 指揮官は「(継投の)順番は春(の千葉敬愛戦)と全く同じ。ああいう場面では石川と決めていた。本人にもああいう場面でいくと伝えてあった。三振と外野フライで抑えてくれた。外野フライ、三振なら逆転されていた。あそこがポイントだった」と振り返り、「千葉敬愛さんは、(バッティング)技術的にきちっとしたものがあるのは、春の大会でわかっていた。選手もリードしていても追い詰められたような感じで、プレッシャーの中で戦っていた」と心境を明かした。

 終盤に小刻みな加点で突き放しても「アップ、アップでした」という小林監督。流れを変えたのは3回の石川の継投と1番池田の起用で、池田は1、2回と連続して四球で出塁。一時、3-3に追いつかれた後の6回は左翼席へ勝ち越しの2ランを放った。

「カーブを狙っていた。感触もよかった。1番が出るとチームも乗っていける。自分も1番が好き」と池田。鏡の前で毎日素振りをしてのフォームチェックが実った。

 準決勝の相手は検見川。習志野OBのロッテ・福浦も42歳で迎えた今季は2000本安打へ奮闘している。準々決勝まで戦った2011年以来の甲子園まであと2勝だ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング