野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

援護率不足に泣いてきた巨人菅野、今季は両リーグ10勝一番乗り

7月21日、巨人の菅野智之が両リーグに先駆けて10勝目を挙げた。菅野は今年のWBCでも活躍するなどNPBを代表する先発投手だが、デビュー以来、毎年勝ち星を減らしてきた。これに初めて歯止めがかかった。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

入団後は明らかな進化を見せるも、勝ち星が伴わなかった菅野

 7月21日、巨人の菅野智之が両リーグに先駆けて10勝目を挙げた。菅野は今年のWBCでも活躍するなどNPBを代表する先発投手だが、デビュー以来、毎年勝ち星を減らしてきた。これに初めて歯止めがかかった。

 菅野は防御率の推移を見れば、進化していることが明らかだったが、投球内容に勝ち星が伴わない状況が続いていた。援護率に恵まれなかったのだ。

 菅野の各年の勝敗、防御率と援護率は以下の通り。()はリーグ順位。

2013年 13勝6敗 防御率3.12(6) 援護率3.96(8)
2014年 12勝5敗 防御率2.33(1) 援護率3.65(11)
2015年 10勝11敗 防御率1.91(2) 援護率3.11(13)
2016年 9勝6敗 防御率2.01(1) 援護率2.88(12)
2017年 10勝4敗 防御率2.05(1) 援護率3.48(8)

 菅野の防御率は向上し、2年目以降はリーグトップクラスになったが、これに反比例して援護率は下がり続けた。2015年は規定投球回数以上の14人中13位。2016年はついに最下位となった。

 近年の巨人は貧打にあえいでいる。チーム打率は2013年こそ1位だったが、2014年5位、2015年6位、2016年3位、そして今年は5位だ。援護が少なかった。

 しかし、同じ巨人でも2016年の田口の援護率は3.89(8)、2015年のマイコラスは4.41(3)、2014年の杉内は5.09(3)だった。なぜか菅野が投げた時だけ、援護率がずっと低かった。だから投球内容は進歩しているにも関わらず、勝ち星が減り続けたのだ。

人気記事ランキング