野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

驚異のペースで大台「50」も射程内!? サファテVS松井裕の熾烈な争い

驚異的なペースで、セーブ数を積み重ねている。首位を争う楽天の松井裕樹投手と、ソフトバンクのデニス・サファテ投手。順調に勝ち星を挙げていっている両チームを支える2人の守護神の安定感が凄まじい。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

首位争い繰り広げる楽天とソフトバンクに、絶対的守護神の存在あり

 驚異的なペースで、セーブ数を積み重ねている。首位を争う楽天の松井裕樹投手と、ソフトバンクのデニス・サファテ投手。順調に勝ち星を挙げていっている両チームを支える2人の守護神の安定感が凄まじい。

 0.5ゲーム差で首位に立っている楽天の松井裕。ここまで81試合のうち43試合に登板し、防御率は驚きの0.20をマーク。ここまで失点はわずかに2。自責点は1と抜群の成績を残し、ここまで3勝1敗4ホールド29セーブを記録している。

 その松井裕に2差をつけ、リーグトップの31セーブを記録しているのが、楽天を追うソフトバンクのサファテ。こちらは89試合のうち40試合に登板し、1勝1敗3ホールド31セーブ。失点は5、自責点は4で、防御率はこちらも1点台を切る0.89だ。

 デッドヒートを繰り広げる両チームだけに、今後もある程度は白星を積み上げることになるだろう。となると、両投手に見えてくるのは、シーズン最多セーブ記録更新の可能性だ。

 プロ野球の歴史の中で、シーズン最多セーブは2005年の中日・岩瀬仁紀投手、2007年の阪神・藤川球児投手の46セーブ。1998年の横浜・佐々木主浩が45セーブで3位と、セ・リーグの名ストッパーの名が並ぶ。パ・リーグの最多セーブは、昨季サファテのマークした43セーブがトップとなっている。

人気記事ランキング