野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 若きGG賞遊撃手、猛ダッシュ→素手捕球→一塁送球の美技「ビスケルの再来」

若きGG賞遊撃手、猛ダッシュ→素手捕球→一塁送球の美技「ビスケルの再来」

インディアンスの若き名手、フランシスコ・リンドーア内野手が驚異的なダッシュで遊ゴロをさばく美技を見せた。

インディアンスのフランシスコ・リンドーア【写真:Getty Images】
インディアンスのフランシスコ・リンドーア【写真:Getty Images】

高いバウンドの遊ゴロを処理「リンドーアの美しいプレー」

 インディアンスの若き名手、フランシスコ・リンドーア内野手が驚異的なダッシュで遊ゴロをさばく美技を見せた。

 23日(日本時間24日)の本拠地ブルージェイズ戦。初回1死走者なしの場面で2番ドナルドソンが右腕クルーバーの93マイル(約149キロ)の速球を打つと、本塁ベースの前で大きく弾んでマウンド後方へと飛ぶゴロになった。

 すると、やや深めの位置で守っていた遊撃のリンドーアが猛然とダッシュ。ツーバウンドしたところで打球を素手でつかむと、そのまま一塁へ素早く送球した。ボールはショートバウンドとなったが、一塁手のサンタナが見事に捕球。2人の美技により、ドナルドソンはわずか手前でアウトとなった。

 地元テレビの実況は「サンタナの素晴らしい手助けで、リンドーアが驚異的なプレーだ!」と絶叫。解説者も「リンドーアの美しいプレーですね」と称えた。

人気記事ランキング