野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • “ダル撃ち”&“超遅球撃ち”イチロー、米専門家は勝負強さに驚嘆「なんて打者」

“ダル撃ち”&“超遅球撃ち”イチロー、米専門家は勝負強さに驚嘆「なんて打者」

レンジャーズ・ダルビッシュ有投手との3年ぶりの対戦でタイムリー二塁打を放ち、9回には捕手のニコラスの“超遅球”を打って話題を呼んだマーリンズ・イチロー外野手。その勝負強い打撃に米メディアから称賛の声が寄せられている。

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

イチローがダルビッシュから4年ぶりヒット&5出塁の活躍、9回には“超遅球”撃ちも

 レンジャーズ・ダルビッシュ有投手との3年ぶりの対戦でタイムリー二塁打を放ち、9回には捕手のニコラスの“超遅球”を打って話題を呼んだマーリンズ・イチロー外野手。その勝負強い打撃に米メディアから称賛の声が寄せられている。

侍ジャパンU-12代表、4日に2連覇中の米国戦 「勝てばファイナルも見えてくる」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 イチローは26日(日本時間27日)の敵地レンジャーズ戦で「6番・右翼」でスタメン出場。2回の第1打席ではショートゴロに倒れたが、4回無死一、三塁で迎えた第2打席で右中間へエンタイトル適時二塁打を放った。ダルビッシュはこの回途中で降板したため、この日の両者の対決はイチローの2打数1安打1得点となった。

 対するダルビッシュは3回2/3で9安打を浴び、自己ワーストの10失点。試合も10-22で敗れ、右腕は自身5連敗で9敗目(6勝)を喫した。1試合自責10は日本人メジャーリーガーでワースト、防御率は4.01となった。

 この試合でイチローは3四球を選んだ後、相手捕手ニコラスが登板した9回にも45マイル(約72キロ)のスローボールにタイミングを合わせて左前安打を放ち、2安打1打点3四球で計5出塁の活躍を見せた。

人気記事ランキング